乾徳山(けんとくさん)フィールドレポート

2020年11月20日、山梨県の塩山駅から乾徳山登山口バス停まで約35分。

アクセスも良く日帰りでサクッと登れる『乾徳山』へ行ってきました!

今回のルートは乾徳山登山口からスタートし、国師ヶ原、月見岩を経て、乾徳山を目指し、

国師ヶ原、道満山を通って乾徳山登山口に戻る8の字のルートで計画。

10年来の腐れ縁で年に数回一緒に山に行く親友と2人。

この日は曇り時々雨の微妙な天気でしたが、雪等は全くなく、気温は登山口付近で約15℃。ベースレイヤーは化繊のハイテクTシャツに、ポーラテック パワーグリッドの生地を使用した薄手のフリースで充分な気温。

頂上付近では約8℃で時折雨風が強く吹きつける為、上からハードシェルをベンチレーション全開で着用。

太陽を隠す灰色のどんよりとした雲や、冷たい水分を含み時折吹き付けてくる突風が、謀らずも見事にアルパイン感を強く演出してくれる天候でした(笑)

10kmの行程で約6時間のそれほど長く辛くはない山行でしたが、途中、ウェットな状態の岩が滑りそうな若干危険な個所もあり、細心の注意を払って無事に登頂成功。

ここ最近ボルダリングに熱中している私にとっては適度なスリルがあり最高の山でした!!

乾徳山山頂直下の鎖場

(同行者は安全のため私の撮影後、迂回路で登頂。。。)

帰りの国師ヶ原ではヒュッテの軒先をお借りして山クッキング♪

今回は7年愛用しているバーナーと最近新調したミニコッヘルでご飯を炊いて、

『サーモンの押し寿司と玉ねぎシューマイのわかめスープ』

を作っていただきました。

ご飯、ちょっと芯が残ってしまいましたが・・・腹持ちがよくてオールオッケイ☆

滑り込みの無雪期登山でしたが、これから間もなく始まる冬山に向けての良いトレーニングになりました!

雪山では決して滑り落ちる事無いよう注意します(・ω・)ノ

ウェア館 中屋

お問い合わせ先

さかいやスポーツ ウェア館

住所: 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-48 (Googleマップ)
電話番号: 03-3262-0432
営業時間: 11:00-20:00(年中無休・元旦を除く)

取り扱い商品女性用ウェア(モンベル以外)・男性用ウェア全般・男性用レインウェア・その他アクセサリー類・メンテナンスギア

《2021年11月 女性用ウェア(モンベル以外)はウェア館の取り扱いになりました》

ウェア館の記事一覧をみる 

この記事をシェアする